美容クリニックの内装デザインで重視するポイントを知っておくことが大切

患者さんがリラックスできて且つ安心して通える内装

美容クリニックの内装デザインの重視するポイント美容室と理容室の店舗デザイン

個人的には、内装デザインを考える上でお客様が安心できる暖かみのあるデザインが大切だと考えました。
美容クリニックには自分をもっと美しくしたい、コンプレックスを解消したいという考えで訪れる患者様が多いです。
その気持ちに寄り添うことができるようなデザインでなければ、愛されるクリニックにはなれないと感じました。
これまで勤めていたクリニックでは白だけではなく茶色や黄緑色を差し色にしたナチュラルな雰囲気でしたが、それを真似してはいけないと思いました。
真似をする気はありませんでしたが、ナチュラルな雰囲気のおかげで患者様はもちろんですが、医師もスタッフにとってもリラックスできる環境だったと気づいたのです。

同じようにリラックスできる環境をつくりだいしたいと考え、白だけではなく薄紫と淡いピンク色を取り入れた内装デザインにすることにしました。
配置するものも含めて内装デザインですが、ベッドは白いけれど壁の色を淡いピンク色などにすることで暖かみを演出し、カーテンも白ではなく薄紫色のものを採用するようにしたのです。
そして、患者様がなるべく顔を合わせなくて済むような個室タイプの待合室を採用しました。
一般的なクリニックと違って予約がなければ受診できないので、一気に患者様が訪れる可能性はなく、こういった待合室を採用することができました。

クリニック開業にあたり内装デザインは重要患者さんがリラックスできて且つ安心して通える内装建物の種類や考え方によって重視するポイントを知っておくこと